簡単にローカル環境を構築できる「Local by Flywheel」

2020年09月01日

その他

WordPressのテーマを自作する際にローカル環境を作っていくと思います。その環境をものすごく簡単に構築できる「Local by Flywheel」というソフトを紹介していきます。

Local by Flywheelのインストール

早速Local by Flywheelのインストールをしていきましょう。公式サイトにアクセスしてDOWNLOADをクリックしましょう。そうすると下の画像のように使っているOSを聞かれるので自分の環境に応じて選択してください。

選択すると下の画像のようになると思うのでそのままでGET IT NOW!をクリックしましょう。そうするとダウンロードが始まります。

ダウンロードが完了したらファイルを開いて順序にしたがってセットアップしてください。

Local by Flywheelの使い方

続いてローカル環境の構築手順を紹介していきます。

Local by flywheelを開くと下のような画像が出てきます。最初は構築していくサイト名を聞いてくるので入力していきます。

次に進むとWordPressの開発環境の設定画面が出てきます。Preferredを選択して次に進みましょう。CustomはPHPのバージョンなどを変更することができます。

そうするとWordPressのログイン設定の画面が出てくるので、入力していきましょう。WordPress Username、WordPress Password、WordPress Emailを入力してADD SITEをクリックしてください。特にWordPress UsernameとWordPress Passwordはログインするときに必要になってくる情報なので忘れてしまいそうな人はメモを取っておきましょう。

しばらくして下のような画面が表示されればOKです。今回のサイト名はkokeblogにしました。この画面ではローカルサーバーが停止している状態なので右上のSTART SITEをクリックして、ローカルサーバーを動かしましょう。WordPressにログインしたい時はそのしたのADMINをクリックして、先ほど設定したWordPress Username、WordPress Passwordを入力してログインします。

これでWordPressサイトを構築していくための環境が整いました。あっさりとできてとても楽ですよね。ちなみにWordPressにログインすると英語表記になっているので設定から日本語にしておきましょう。

まとめ

ん¥今まではmampを使ってローカル環境を整えていたのですが、かなり面倒な作業が必要だったので嫌だなーと思ってやっていましたが、このLocal by flywheelを使ってみたら思っていた以上に簡単にできて驚きました。最初からLocal by flywheelを使うと実際のサーバーにあげる時に大変な思いをするかもなので最初はmampなどでめんどくさい作業をしていくほうがいいと思いますが、慣れてきたら便利なソフトを使って効率よく作業していくべきだと思いますので、使ってみてください。

Pocket

related

いいなと思ったWebサイト紹介-Vol1

今回は、いろいろとWebサイトを見ていて、個人的にいいなと思ったサイトをどこが好きなのかなど詳しく紹介していこうと思います。 電音部 ーdenonbuー https://denonbu.jp/ 一発目

その他

2020.07.30

名刺交換のマナーについて

今、学校の進級展に向けて作品づくりであったり作品のパネルづくりなどいろいろな準備しています。進級展には、企業の方もいらっしゃるのでそこで名刺の交換などさせていただく機会もあるかと思います。その時のため

その他

2020.01.18

2月の自己評価と3月に向けて

少し前まで1月が終わって2月になったばかりだと思っていたらいつの間に2月の末になってしまいました。時間が流れるのが最近早い気がしてきました。1月の末に書いた記事と同じように2月の自己評価と3月に向けて

その他

2020.02.29

2019年の振り返りと2020年の向けて

2019年ももうすぐ終わりを迎え、2020年になろうとしています。 この2019年はたくさんのことがありました。今回、2019年を振り返り、2020年に向けての抱負を記事にまとめていこうと思います。

その他

2019.12.30

profile

kobayashi kent

トライデントコンピューター専門学校Webデザイン学科
アニメとかゲームとか音楽聴くのが好き